MENU一覧
…………………………………………………
トップページ
佐佐プロフィール
​・唯プロフィール

Copyright © 2016 - salon de light - All Rights Reserved.

Please reload

最新記事

人の生き方は千差万別ですが、多くの人は「このままではいけない…」と思って、

日常を過ごしてこられた人が多いと思います。

それを思うこと自体は、一時的なキッカケとしては大切なことであり、

自分の可能性を生み出すためのプロセスとして必要です。

人は必ずどこかで壁にぶち当たり「思うようにならない自分」に嘆きます。

...

心のあり方を育むと、頑張らなくても人生は激変する。

March 14, 2016

1/1
Please reload

特集記事

男性はス○○○が嫌い。好きなのはス○○○!

March 26, 2016

今ではメディアでも美輪明宏さんや、江原啓之さんなどのスピリチュアルな要素をお話する方が増え

世間的にも受け入れられる時代になってきました。

わたしたちがいつでも使えるお手軽な感じが浸透してきていますが、

本来スピリチュアルという分野は取り入れ方がとても重要です。

そこは本題ではないので割愛しますが、ひとつだけ言えることとして、

一般的な社会に生きる私たちが傾倒しすぎると男女ともにイタイ人になってしまいます。

 

 

今でさえ浸透しきれていないこのスピリチュアルな分野だからこそ、

誰に対して使おうとしているのかを、まずはよく観ておく必要があります。

特にその中でも、

【一般社会にもまれて地道に汗水垂らしながら一生懸命働いて、お金を稼いでいる男性】にとっては

スピリチュアルなことを身近な女性に言われるが嫌いです。

 

これは何故だと思いますか?

 

理由をお話する前に、男性の基本的な構造のお話をします。

そもそも男性は、何かを「感じ取る力」や洞察力が、女性よりもはるかに弱い生き物です。

その反面、誰かを守るために必要な

【例え困難な状況に遭っても目的に向かって進み、そして達成できる力】(=切り開く力)が、

生まれた瞬間から与えられています。

つまり、「感じ取る力」を強く持っていたら、

【男性本来の獲物を獲ったり、守るために戦うという力】

が思うように発揮できなくなってしまうと思いませんか?

恐らく、恐怖心が強すぎて、動物や強敵を目の前にしたら恐れて逃げ隠れてしまうと思います。

 

 

このように人間は万能には出来ていませんし、

(あえてきっと)そのような気質を持って、男性はこの世に生を受けているのだと思います。

それがスピリチュアルと一体どんな関係があるのか…

もう少し噛み砕くと、男性の多くは左脳優位で生きています。

だからこそ、目に見えてわかる世界(物質的なこと)しか信用出来ないのです。

女性の多くは右脳優位で生きていて、右脳と左脳を繋ぐパイプラインが太い。

だからこそ目に見える世界と、そうでない世界の双方を取り入れることが上手に出来るのです。

(最近では、男性の女性化・女性の男性化とも言われていますが、今までもこれからも基本的に気質は変わることなく、良い意味で男女それぞれが性差を持って人生を生きた方が上手くいきやすいです。)女性がスピリチュアルに傾倒すると、男性は困惑します。 【多くの一般男性は、その世界観を理解できない】 から。たったそれだけの理由です。そして、意味がわからない精神世界に目を奪われる女性に、男性はかなりの危機感を覚えます。男性がやっていることは、スピリチュアルを否定して、現実世界に引き戻そうとしているだけなのです。 ただし、男性の真の目的は現実世界に引き戻すことで終わりではなく、その先にあることを求めているからなのです。もしもそこで会話の本質に気付かず喧嘩になってしまうあなたは要注意!そんなご経験がある方は、まず立ち止まり足元を見てみてくださいね。

 

 

では、男性が好きなこと、求めていることは一体何なのか?

 

男性の多くが好きなことは、目に見えてわかる物質的なものが好きです。

(今の20代以下の世代では徐々にそのような傾向から離れつつありますが、まだ到底及びません)

お金・肩書き・地位・学歴・その他評価…など。

そして、女性との関係性において好きなことは何かというと、

言葉に出して「好き」の気持ちを言われることも、もちろん効果的ですが、

一番ダイレクトに届くものは

 

【肌の触れ合い】

 

つまり「スキンシップ」です。

ここで疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

「男性ってスキンシップが嫌いじゃないの?」

 

付き合い始めのカップルは、スキンシップを多く取られていると思いますが

時間の経過と共に、男性が「やめろよ」「別に」などと否定的な言葉で返してくる場合もあります。

(そして最悪の場合、セックスレスに)

それは、単に認めるのが「恥ずかしい」だけか、

相手の家庭環境の中でベタベタすることは男らしくない!

とか

男は甘えてはいけない!

など、親や学校そして社会などに否定されてきた結果、

甘えることや、自分が望むことを素直に出来ずに大人になってきただけなのかもしれません。

 

 

つまりは、「やりたいのにやりたくないフリをしている」拗ねている子供なだけです。

そんな男性には、女性の方からそっと

「私が」手を繋ぎたい

「私が」触りたい

などという口実から始めて、徐々に徐々に触れ合う機会を増やしていくと効果的です。

 

 

急に来られると相手も驚きますが、慣れてくるとまんざらでもなくなってくるかもしれません。

そして、女性の方から

「弱音を吐きたい時や甘えたい時は、甘えていいんだよ。」

と伝えながら触れ合いをレクチャーしていけたら、あげまん度がアップします。

 

 

多くの男性は、不器用なのです。

だからこそ、そっと出来るような環境や言葉を添え、私たちが女性が喜ぶことを教えていけば

必ずモチベーションに繋がり、男性は様々な面で成長していきます。

たくさん褒めて、モチベーションがあがった時に、

「あなたがこれからしてくれたら嬉しい」

をまた一つお願いすれば、彼の活力となり

どんどんパートナーであるあなたのために精を出して働いてくれますよ。

 

 

このように、男性との信頼関係構築の入り口として、スピリチュアル(精神世界)の前に、

まずは物質世界を満足させ、そこでの信頼関係が確立されたなら、

本当に必要性があればその世界(スピリチュアル)へと相手もお連れくださいね。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square